みんな参加型の循環型社会

令和6年6月18日(火)開催

地球環境を取り巻く問題を社会全体で解決する動きが盛んな昨今、企業活動においても、サスティナブルな社会への取り組みは必要不可欠です。
今回は、「あらゆるものを循環させる」を企業理念に掲げて、資源循環に係る事業にこれまで取り組んできた株式会社JEPLANより、取締役 執行役員会長 岩元氏を講師に迎え、沿革や現在に至る取り組み、社会動向などを踏まえながら、ビジネスの可能性についてお話しいただきます。

講師

株式会社JEPLAN 取締役 執行役員会長 岩元美智彦氏

1964年鹿児島県生まれ。1987年3月、北九州市立大学経済学部卒業。卒業後に就職した繊維商社では営業職に携わるなか、容器包装リサイクル法の制定を機に繊維リサイクルに深く携わる。2007年1月日本環境設計(現:JEPLAN)を設立。資源が循環する社会づくりを目指し、リサイクルの技術開発だけではなく、メーカーや小売店など多業種の企業とともにリサイクルの統一化に取り組む。2015年アショカ・フェローに選出。EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2015ジャパン チャレンジング・スピリット部門大賞受賞、Japan Venture Awards 2017中小企業庁長官賞受賞、第40回ベスト・ファーザー イエローリボン賞では経済部門にて受賞。著書『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』(ダイヤモンド社)。

イベント概要

開催日時

令和6年6月18日(火)
15:00〜16:30 特別講演(受付/14:00〜)
16:40〜17:30 参加者交流会
※今回は、「大分ITネットワーク社会研究会」と共同で開催いたします。

場所

トキハ会館5階「ローズの間」
大分市府内町2-1-4 (google map)

定員

40名(先着順)

お申し込み

申込みは終了いたしました。